膝の痛み(変形性膝関節症)

このような症状でお悩みではありませんか?

  • 膝の内側に痛みが出る
  • 階段の昇り降りが辛い
  • 椅子から立ち上がる時に痛みがある
  • 膝に水が溜まる
  • 膝が真っすぐ伸びない

膝の痛み (変形性膝関節症)  [さいたま市浦和区 あん鍼灸整骨院]

膝の痛み(変形性膝関節症)とは

膝の痛みで日常生活に支障が出たり、好きなスポーツや趣味が出来なくなってお困りの方も多くいらっしゃると思います。

人体の構造上、膝の関節は痛みや動かしづらさなどが出やすくなっています。

特に膝の関節は動作時に体重がかかり、関節面の軟骨や半月板に負荷が掛かり痛めやすい関節です。

状態が長期化すると膝の関節を構成する骨に変形が起こることも珍しくありません。

 

なぜ膝の痛み(変形性膝関節症)は起こるのか?

膝の痛み(変形性膝関節症)が起こる原因として考えられるのが、膝の関節を支える周りの筋力が低下したところに、体重の負荷が加わり関節内の軟骨・半月板を損傷してしまいます。

この場合、足の筋力低下の影響でO脚になったりX脚になっている場合も多くみられます。

病院で診断を受けて、痛み止めを服用したり、湿布を貼ったり、サポーターをしたり、足の筋肉をつける為に筋力体操をされている方も大勢いらっしゃると思います。

膝の痛み(変形性膝関節症)に対する整体施術(生体運動調整法)

膝の痛み(変形性膝関節症)が出ている方の状態を詳しく見ていくと、膝を支える筋力の低下から膝の中の組織(軟骨・半月板)の損傷がおきています。

さらに詳しく見ていくと、足の筋肉を調整する腰から伸びる神経の伝達の異常が見受けられます。その原因として、骨盤・背骨の歪みが問題となります。

当院では、生体運動調整法(全身・骨盤調整)で人体を司る脳と脊髄の機能を整え、骨盤・背骨を支える筋肉を正常化し、体の歪みを調整していきます。

すると、腰から伸びる神経の伝達が回復し、膝を支える筋肉が強くなり、関節の中の組織(軟骨・半月板)の負担が減り、徐々に修復が進み痛みが改善してきます。

なかなか改善しない膝の痛み(変形性膝関節症)でお悩みの方は、浦和 あん鍼灸整骨院にご相談ください。

 

漫画で生体運動調整法(全身・骨盤調整)と呼吸調整法を説明

さいたま市浦和区 あん鍼灸接骨院 患者様の声

さいたま市浦和区 あん鍼灸接骨院 患者様の症例

お問い合わせ・ご予約はこちら

ご予約・お問い合わせはこちら!【TEL:048-829-7963】

./ ./
./
./
TOPへ戻る