腱鞘炎 (けんしょうえん)

このような症状でお悩みではありませんか?

  • 手首を動かすと痛い
  • 指の曲げ伸ばしで引っかかる
  • 手が浮腫む
  • 注射をしたけれどまた痛みが出てきた
  • 手に力が入らない

腱鞘炎(けんしょうえん)の治療 [浦和区 あん鍼灸整骨院]

なぜ腱鞘炎(けんしょうえん)が起こるのか?[浦和あん鍼灸整骨院]

手首や指の周囲には、腱鞘(けんしょう)という手首や指を動かす腱を通すトンネルがあり、手首と指の動きがスムーズにいくように働いています。

一般的に腱鞘炎は、手の使い過ぎで起こると言われていますが、安静にしても治らない、もしくは一度良くなってもまた症状が出てきたという方も多く見受けられます。

そこで詳しく体の状態を見ていくと、首に異常があり、首から手に通る神経伝達が弱くなっている方がほとんどです。神経伝達が弱くなると、手首や指を動かす筋肉が弱くなったり、腱鞘をはじめ手の周囲の組織の血液循環も悪くなり、腱鞘炎を起こしやすい状態になります。

また、実際に腱鞘炎を起こした場合に、組織の血行不良から回復が進まず痛みが取れない、指の曲げ伸ばしで引っかかる等の症状が改善しなくなります。

腱鞘炎の患部の炎症を抑えるためにステロイド剤を注射した場合も、一時的に炎症が抑えられても、首からの神経伝達の異常が解消されていないと再び症状が出てくることもよくあります。

当院での、腱鞘炎に対する治療法(生体運動調整法)

腱鞘炎は、症状が起きる以前から首に異常があり、首からの神経伝達の障害から起こる組織の血行不良が原因となっています。

よって首の異常を治さなければ、腱鞘炎の症状は治癒へと向かわない為、当院では首を含め背骨の骨格の調整を行います。

首に問題がある場合も、骨盤・背骨・首の骨・頭は繋がっているので、当院では生体運動調整法で人体を司る脳と脊髄の機能を調整し、骨盤~頭までの全体の位置を整える治療をしています。

すると、首の状態も正常化し手に通る神経伝達が改善すると、腱鞘炎を起こした組織の修復が進み、炎症・痛み・引っかかりといった症状は徐々に治癒していきます。

長期化して何度もぶり返す腱鞘炎でお困りの方は、浦和 あん鍼灸整骨院にご相談ください。

 

漫画で生体運動調整法(全身・骨盤調整)と呼吸調整法を説明

 

 

 

さいたま市浦和区 あん鍼灸接骨院 患者様の声

さいたま市浦和区 あん鍼灸接骨院 患者様の症例

お問い合わせ・ご予約はこちら

ご予約・お問い合わせはこちら!【TEL:048-829-7963】

./ ./
./
./
TOPへ戻る