土曜日午後も受付・時間外の施術も応相談!

8月15日(水)から8月19日(日)まで

 

休診させて頂きます。

 

8月20日(月)から通常通り診療します。

 

ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いします。

さいたま市浦和区 あん鍼灸整骨院 です。

日曜、祭日の他、4月は月曜日をお休みとさせて頂きます。

また、しばらく当院の鍼灸(はり・お灸)の

ご予約がとりにくく、ご不便をおかけしておりましたが、

鍼灸の施術日が4月は火、水、木、金、土 と増えましたので、

お知らせいたします。

 

※施術中は、ご予約のお電話に出られないことがありますが、

着信をみてかけなおしさせて頂きます。どうぞよろしくお願いいたします。

 

12月29日~1月4日までお休みさせて頂きます。
1月5日(金)から通常どうり診療いたします。
宜しくお願い致します。

8月16日 (水) ~ 8月21日 (月) までお休みさせて

 

頂きます。

 

22日 (火) から通常通り診療致します。

 

ご迷惑をお掛けしますが、宜しくお願いします。

 

5月3日から7日までお休みさせて頂きます。

 

8日(月)から通常通り診療いたします。

 

ご迷惑をお掛けしますが、宜しくお願い致します。

年末・年始のお知らせ

 

 

12月29日(木)から1月4日(水)までお休みさせて頂きます。

 

 

年内は、12月28日(水)まで通常通り診療しております。

 

 

年始は、1月5日(木)より通常通り診療します。

 

ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願い致します。

こんにちは!

 

さいたま市浦和区 あん鍼灸整骨院 はり、お灸、美容はり担当の角屋ゆりこです。

 

少し?お久しぶりの更新になってしまいました。

 

この間に、、、インスタグラムを始めました!まだ投稿は少ないですが、

 

随時更新していく予定です。鍼やお灸の写真を投稿したいと思っています。

 

インスタグラム登録の名前は、 an_acupuncture_moxa です。

 

インスタグラム上で、あん鍼灸整骨院で検索してもらっても出てくると思います!

 

%e9%9b%a3%e8%81%b4%e3%80%80%e8%80%b3%e9%8d%bc

難聴の鍼治療でよく使うツボ

 

さて今日は、最近お問い合わせの多い、

 

突発性難聴と鍼灸ついてのお話しです。

 

突発性難聴は、昨日までなんともなかったのに、

 

ある日突然、片方の耳が聞こえなくなる、、、

 

耳が詰まった感じになってしまう、、、

 

という発症の仕方が特徴的の難聴です。

 

いつ、どこで、何をしている時から症状が始まったと説明できる場合が多いようです。

 

 

原因は、はっきりしていない部分もありますが、

 

ウィルス感染説、内耳循環障害説、ストレス説、

 

イヤホンなどの生活習慣説など原因ではないかという諸説があります。

 

 

ここがとても大事なのですが、

 

突発性難聴は難聴が発生してからできるだけ早く医療を受けることが大切です。

 

 

この病気の特徴は、耳の異常、違和感に本人がすぐ気づける事です!

 

出来れば症状に気づいたその日に耳鼻科を受診できると良いでしょう。

 

治療が早ければ早いほど症状の回復も早くなる可能性があるのです。

 

 

鍼灸治療も同様で、突発性難聴が発症してから、症状が固定する前に

 

病院での治療と平行してはりきゅう治療を受けられる事をお勧めいたします。

 

 

突発性難聴は原因不明の部分がある症状ですが、

 

当院では、まずよくお話を聞かせて頂き、

 

いろいろな可能性を考慮しながら施術計画を立てさせて頂きます。

 

 

この症状にはこのツボ! という

 

代表的なツボがあります。

 

突発性難聴の時に使用する頻度の高いツボは、

 

局所である耳周囲に多くあります。

 

 

循環を良くする事、微小な浮腫み、神経の伝達を良くする事を目標に、解剖学的な

 

考えからもツボを選択し、鍼やお灸をしていきます。

 

 

そして一番重要なのは、

 

耳の状態を良くする為には、全身状態の改善が不可欠なのです!

 

耳とは関係ないとお思いになるかも知れませんが、

 

首肩のこりや、手足の冷え、頭痛、胃腸虚弱、不眠、ストレスなども

 

含めて全身的に見ていきます。

 

局所の改善と全体的な底上げと同時に行うことで、

 

ご自身の本来持っている回復力を引き出すのです。

 

効果の出方には個人差がありますが、

 

その日にその方が回復できる最高のところまで

 

引き出せるように、、、

 

優しいはりと温かなお灸で おひとり おひとりに

 

よりそったケアを目指しております。

 

症状が固定する前に一度はりきゅう治療も

 

受けて見られる事をお勧めいたします。

 

それでは、今日はこの辺で。

 

さいたま市 浦和区 あん鍼灸整骨院

ホームページhttp://ann-shinkyu-seikotsu.com/

電話番号 048-829-7963

さいたま市浦和区仲町3-2-24 品田ビル1階

 

こんにちは!

さいたま市 浦和区 あん鍼灸整骨院

鍼、灸、美容鍼灸担当 かどや ゆりこです。

 

昨日は少し涼しかったですが、

今日は暑い・・・とっても暑い・・・ですね。

このようにお天気の変化が

激しい時は

体が疲れやすくなってしまいますね。

そうしますと、、、

お悩みとして増えてくるのが

膀胱炎。

いろいろなお灸☆

いろいろなお灸☆

 

急性膀胱炎は大腸菌、ブドウ球菌、レンサ球菌など

細菌感染によっておこるものです。

慢性膀胱炎は、急性から転じる事が多いようです。

普段はこれらの細菌に対して

抵抗力があり、なんともないのですが、

疲労していると、抵抗力も弱くなり、これらの外因が

発病の引き金になってしまうのです。

残尿感、頻尿、排尿痛、尿の濁りなどが

代表的な症状です。

なってしまった時は、

休養をとって、水分をよくとり、

尿を増やしましょう。

そして、念のためかかりつけ医に相談することを

お勧めいたします。

感染した細菌に効くお薬などが処方されると思います。

膀胱炎から腎盂炎になって

しまうこともありますから、

たかが膀胱炎と思わずにしっかり

対処したいですね。

 

このような膀胱炎に対して、

鍼灸でも対応していきます!

 

腎臓の機能を整える 腎兪、

骨盤内の循環を良くする 次りょう

泌尿器系に効く 中極、曲骨、横骨

腹部の冷えをとる 関元

水はけをよくする 水分

陰経に働きかける 陰陵泉、三陰交、陰谷

 

など、腹部、腰仙部を中心に取穴します。

疲労とともに、冷えが要因の一つ

になっている事も多いですから、

全体的な力を底上げしつつ、冷えをとりつつ、

全体的に整えていきます。

 

特に膀胱炎の場合は、お灸が

とっても重要と感じます。

なので、、、

お家でもお灸をお勧めします!!

 

膀胱炎を繰り返してしまう方は、

予防的に使えますので、覚えておくとよいてお思います。(下記)

 

自分でするなら、

①腹部にある 中極(ちゅうきょく) 下腹部の中央、恥骨の上縁

②足にある  陰陵仙(いんりょうせん) 下腿内側、膝の内側

③足にある  三陰交(さんいんこう) 内くるぶしの上にある

ここに、お灸をしてあげると良いでしょう。

間接灸と言って、

やけどにならないタイプのお灸が

初めてでもやりやすいです。

やってみたい方はご相談くださいね。

 

IMG_3415

 

 

今日はこの辺で。

今日は七夕。すてきな一日をお過ごしくださいませ。

 

さいたま市 浦和区 あん鍼灸整骨院

http://ann-shinkyu-seikotsu.com/

電話番号 048-829-7963

住所 〒330-0062 さいたま市浦和区仲町3-2-24 品田ビル1階

アクセス  東北本線『浦和駅』西口から徒歩11分

坂下通り沿い エンドー電気様 斜め前になります

 

 

 

 

 

 

 

こんにちちは!

さいたま市 浦和区 あん鍼灸整骨院

はり、お灸、美容鍼灸担当 かどやゆりこです。

 

7月になりましたね。今日は・・・蒸し暑い・・・ですね。

湿度、暑さなどの気温差、、、など

ちょっと過ごしにくい日もある

季節の変わり目ですが

これからやってくる夏に備えて、体調を整えていきましょう!

IMG_3340

自宅でのお灸も夏バテ予防に効果的です! お灸指導もいたしますよ☆

 

そこで、五行説に関連した食べ物の特性から

食養生的夏バテ予防のヒントをご紹介したいと思います。

 

 

古代中国で生まれた哲学に五行説があります。

宇宙に存在するすべてのものを、

木・火・土・金・水の5つの要素に分類する

という考え方です。

 

食べ物の体を温めたり、冷やしたりする性質も

この五行に当てはめると、

寒・涼・平・温・熱

の五性に分けられます。

 

寒・涼の食べ物は、

水の巡りをよくし、

熱を追い出し、体を冷やしますので、

これからの暑い季節、

この寒・涼に属する食べ物を

上手にとることで、

夏バテ予防に役立つはずです。

 

具体的な食べ物の例です。↓↓↓

 

寒の食べ物

冷やす性質が最も強い。

体に水を補い、炎症を鎮め、毒を排出。

きゅうり、もやし、バナナ、キウイ、

あさり、昆布、スイカなど

 

涼の食べ物

寒よりは弱いが冷やす性質。

体の活性を抑える効果も。

飲み物は、温かくても涼の性質を持つ場合もあり。

豆腐、ナス、小松菜、セロリ、小麦、

ウーロン茶、緑茶など。

 

ですが、取り過ぎると

体が冷えすぎてしまいますので、

どうぞ適量を取るようにお気を付けくださいね。

 

食養生と合わせて、、、

鍼灸での夏バテ予防としては、

やはり、脾胃の強化!だと思います。

胃腸の調子を整え、暑さに負けない体づくりの

お手伝いをしていきます。

夏が不安な方は、ご相談くださいね。

セルフケアのツボとしては、

夏バテ予防にはやっぱり

足三里!!ですね。

(足のすねの外側で、膝のお皿の

すぐ下の外側にあるくぼみから

自分の指3本分くらい下)

わかりますか???

治療の際に「足三里」どこ?っと

聞いていただければ、印おつけしますのでどうぞ聞いてくださいませ。

 

それでは今日はこの辺で。

 

さいたま市 浦和区 あん鍼灸整骨院

http://ann-shinkyu-seikotsu.com/

電話番号 048-829-7963

住所 〒330-0062 さいたま市浦和区仲町3-2-24 品田ビル1階

アクセス  東北本線『浦和駅』西口から徒歩11分

坂下通り沿い エンドー電気様 斜め前になります

 

 

 

 

こんにちは!


さいたま市浦和区 あん鍼灸整骨院 はり、お灸、美容鍼灸担当の角屋ゆりこです。

 

IMG_3423

経穴人形 けいけつ君♡




今日は鍼灸治療の際に、患者さんの状態を把握するときに

 


参考にする、五臓と現れやすい症状について、お話ししたいと思います。

 


セルフチェックの参考にして頂ければ幸いです^_^


五臓というのは、

 


肝(かん)、心(しん)、脾(ひ)、肺(はい)、腎(じん) 


ですが、これらは解剖学的臓器の名前と同じですが、

 

なんと東洋医学では、意味するところが違うのです・・・


東洋医学でいう五臓は、

 

器官の役割とともに、精神活動の状態なども含めているのです。

 

精神活動の状態?!なんだそれは?!ですよね。

 

例えば、肝臓は、


栄養素の代謝、解毒、分解などを行う大切な臓器ですが、


東洋医学でいう 肝は、


物質代謝を行う一方、筋の緊張を維持し、目の機能を健全に保ち、



怒りの感情をコントロールします。


なので、(以下は代表的な症状の一部ですが、)


目が疲れやすい(眼精疲労)、筋肉が痙攣する、イライラする・・・



などの症状がある時は 肝 に異常があると疑います。

 

こんな時は、肝気を整えるよう治療すると

 

目がすっきり、心も穏やかになることが多いと感じます☆

 

 

では、五臓の支配する精神活動、それによって現れやすい症状を

 

紹介します。

 


①支配する精神活動・・・精神活動を安定させる、決断力

②気血水との関係・・・血を貯蔵し、全身に栄養を供給

③支配する機能・・・筋の緊張を維持

④病変によってでる感情・・・怒りやすい

⑤病変の現れやすい部位・・・目、爪

⑥でやすい症状・・・痙攣発作、眼精疲労、爪がもろい、目の充血など

 

①意識水準を保つ

②血を循環させる

③覚醒、睡眠のリズムを調整

④喜びすぎる

⑤舌、脈

⑥失神、動悸、不整脈

 

①創意、知恵をだす

②血の流通を滑らかにして、

血管からの漏出をふせぐ

③筋肉を作る、維持する

④くよくよ、思い悩む

⑤口唇、肉づき

⑥抑うつ、食欲低下、やせ

 

①気力をだす、気分を発散させる

②水穀の気から血をつくる

天空の気を取り入れる

③皮膚の機能と防衛力

④憂い悲しむ

⑤鼻、皮毛

⑥憂鬱、鼻閉、咳、皮膚のあれ

 

①思考力、判断力、集中力の維持

②水の代謝、排泄

③成長、発育、生殖能力

④恐れ、怖がる

⑤耳、生殖、骨

⑥発育不良、性的不能、老化、

排尿障害

 

いかがでしたか?

 

自分は性格的に、怒りやすいんだ!私ってくよくよしやすいのよね、、、って

 

思っていた方も、五臓の病変によるものかもしれません。

 

五臓を整えていくと体が楽になるとともに、精神活動が落ち着いていくはずです!



ご一緒に未病を防ぎ健康増進を目指しましょう~。

 

心と体は影響しあっています。

 

「心身一如」であるということをどうぞ心にとめおいて頂きたいです。

 

では、今日はこの辺で。

 

IMG_3415

 

 

さいたま市 浦和区 あん鍼灸整骨院

http://ann-shinkyu-seikotsu.com/

電話番号 048-829-7963

住所 〒330-0062 さいたま市浦和区仲町3-2-24 品田ビル1階

アクセス  東北本線『浦和駅』西口から徒歩11分

坂下通り沿い エンドー電気様 斜め前になります

1 2 3

お問い合わせ・ご予約はこちら

ご予約・お問い合わせはこちら!【TEL:048-829-7963】

./
あん鍼灸整骨院の口コミ・感想をもっと見る

./
./
TOPへ戻る