土曜日午後も受付・時間外の施術も応相談!

こんにちは!

さいたま市 浦和区 あん鍼灸整骨院

鍼、灸、美容鍼灸担当 かどや ゆりこです。

 

昨日は少し涼しかったですが、

今日は暑い・・・とっても暑い・・・ですね。

このようにお天気の変化が

激しい時は

体が疲れやすくなってしまいますね。

そうしますと、、、

お悩みとして増えてくるのが

膀胱炎。

いろいろなお灸☆

いろいろなお灸☆

 

急性膀胱炎は大腸菌、ブドウ球菌、レンサ球菌など

細菌感染によっておこるものです。

慢性膀胱炎は、急性から転じる事が多いようです。

普段はこれらの細菌に対して

抵抗力があり、なんともないのですが、

疲労していると、抵抗力も弱くなり、これらの外因が

発病の引き金になってしまうのです。

残尿感、頻尿、排尿痛、尿の濁りなどが

代表的な症状です。

なってしまった時は、

休養をとって、水分をよくとり、

尿を増やしましょう。

そして、念のためかかりつけ医に相談することを

お勧めいたします。

感染した細菌に効くお薬などが処方されると思います。

膀胱炎から腎盂炎になって

しまうこともありますから、

たかが膀胱炎と思わずにしっかり

対処したいですね。

 

このような膀胱炎に対して、

鍼灸でも対応していきます!

 

腎臓の機能を整える 腎兪、

骨盤内の循環を良くする 次りょう

泌尿器系に効く 中極、曲骨、横骨

腹部の冷えをとる 関元

水はけをよくする 水分

陰経に働きかける 陰陵泉、三陰交、陰谷

 

など、腹部、腰仙部を中心に取穴します。

疲労とともに、冷えが要因の一つ

になっている事も多いですから、

全体的な力を底上げしつつ、冷えをとりつつ、

全体的に整えていきます。

 

特に膀胱炎の場合は、お灸が

とっても重要と感じます。

なので、、、

お家でもお灸をお勧めします!!

 

膀胱炎を繰り返してしまう方は、

予防的に使えますので、覚えておくとよいてお思います。(下記)

 

自分でするなら、

①腹部にある 中極(ちゅうきょく) 下腹部の中央、恥骨の上縁

②足にある  陰陵仙(いんりょうせん) 下腿内側、膝の内側

③足にある  三陰交(さんいんこう) 内くるぶしの上にある

ここに、お灸をしてあげると良いでしょう。

間接灸と言って、

やけどにならないタイプのお灸が

初めてでもやりやすいです。

やってみたい方はご相談くださいね。

 

IMG_3415

 

 

今日はこの辺で。

今日は七夕。すてきな一日をお過ごしくださいませ。

 

さいたま市 浦和区 あん鍼灸整骨院

http://ann-shinkyu-seikotsu.com/

電話番号 048-829-7963

住所 〒330-0062 さいたま市浦和区仲町3-2-24 品田ビル1階

アクセス  東北本線『浦和駅』西口から徒歩11分

坂下通り沿い エンドー電気様 斜め前になります

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ・ご予約はこちら

ご予約・お問い合わせはこちら!【TEL:048-829-7963】

TOPへ戻る