土曜日午後も受付・時間外の施術も応相談!

こんにちは!


さいたま市浦和区 あん鍼灸整骨院 はり、お灸、美容鍼灸担当の角屋ゆりこです。

 

IMG_3423

経穴人形 けいけつ君♡




今日は鍼灸治療の際に、患者さんの状態を把握するときに

 


参考にする、五臓と現れやすい症状について、お話ししたいと思います。

 


セルフチェックの参考にして頂ければ幸いです^_^


五臓というのは、

 


肝(かん)、心(しん)、脾(ひ)、肺(はい)、腎(じん) 


ですが、これらは解剖学的臓器の名前と同じですが、

 

なんと東洋医学では、意味するところが違うのです・・・


東洋医学でいう五臓は、

 

器官の役割とともに、精神活動の状態なども含めているのです。

 

精神活動の状態?!なんだそれは?!ですよね。

 

例えば、肝臓は、


栄養素の代謝、解毒、分解などを行う大切な臓器ですが、


東洋医学でいう 肝は、


物質代謝を行う一方、筋の緊張を維持し、目の機能を健全に保ち、



怒りの感情をコントロールします。


なので、(以下は代表的な症状の一部ですが、)


目が疲れやすい(眼精疲労)、筋肉が痙攣する、イライラする・・・



などの症状がある時は 肝 に異常があると疑います。

 

こんな時は、肝気を整えるよう治療すると

 

目がすっきり、心も穏やかになることが多いと感じます☆

 

 

では、五臓の支配する精神活動、それによって現れやすい症状を

 

紹介します。

 


①支配する精神活動・・・精神活動を安定させる、決断力

②気血水との関係・・・血を貯蔵し、全身に栄養を供給

③支配する機能・・・筋の緊張を維持

④病変によってでる感情・・・怒りやすい

⑤病変の現れやすい部位・・・目、爪

⑥でやすい症状・・・痙攣発作、眼精疲労、爪がもろい、目の充血など

 

①意識水準を保つ

②血を循環させる

③覚醒、睡眠のリズムを調整

④喜びすぎる

⑤舌、脈

⑥失神、動悸、不整脈

 

①創意、知恵をだす

②血の流通を滑らかにして、

血管からの漏出をふせぐ

③筋肉を作る、維持する

④くよくよ、思い悩む

⑤口唇、肉づき

⑥抑うつ、食欲低下、やせ

 

①気力をだす、気分を発散させる

②水穀の気から血をつくる

天空の気を取り入れる

③皮膚の機能と防衛力

④憂い悲しむ

⑤鼻、皮毛

⑥憂鬱、鼻閉、咳、皮膚のあれ

 

①思考力、判断力、集中力の維持

②水の代謝、排泄

③成長、発育、生殖能力

④恐れ、怖がる

⑤耳、生殖、骨

⑥発育不良、性的不能、老化、

排尿障害

 

いかがでしたか?

 

自分は性格的に、怒りやすいんだ!私ってくよくよしやすいのよね、、、って

 

思っていた方も、五臓の病変によるものかもしれません。

 

五臓を整えていくと体が楽になるとともに、精神活動が落ち着いていくはずです!



ご一緒に未病を防ぎ健康増進を目指しましょう~。

 

心と体は影響しあっています。

 

「心身一如」であるということをどうぞ心にとめおいて頂きたいです。

 

では、今日はこの辺で。

 

IMG_3415

 

 

さいたま市 浦和区 あん鍼灸整骨院

http://ann-shinkyu-seikotsu.com/

電話番号 048-829-7963

住所 〒330-0062 さいたま市浦和区仲町3-2-24 品田ビル1階

アクセス  東北本線『浦和駅』西口から徒歩11分

坂下通り沿い エンドー電気様 斜め前になります

お問い合わせ・ご予約はこちら

ご予約・お問い合わせはこちら!【TEL:048-829-7963】

TOPへ戻る